ダラダラダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS F1RCGP 2017@ZEN RCサーキット

<<   作成日時 : 2017/10/14 00:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ZENブランドが誕生してちょうど10年を迎えたようです。
めでたい! 
一事業を10年続けるのは大変なことでしょうね。継続は力なり。
これからも10年、20年、50年と頑張ってもらいましょう!!

ワタクシもZENとして初のF103コンバ(↓コレ)が発売された直後からF104コンバ・ZFC−012・ZFC−014とほぼ一貫してZEN製マシンで楽しんでいます。
画像

この頃のF1のRCで間違いなく牽引役だったD-Drive sportsのシリーズ戦で走らせていたマシンです。
まだアンテナ立ってるし。
ブラシモーター&ニッケル水素バッテリー仕様ですね。

さて、newZEN RCサーキットでの初レースが行われました。
一発目はF1RCGP。まさにうってつけ。
画像
↑ZEN RCサーキットブログより拝借
参加人数が心配されましたが、スケールクラス以外は無事各クラス開催されております。
画像
当日の路面に合わせて、朝からみなさん真剣にセットアップ。
若干1名ほど余裕な方もいますがw

ワタクシは今回初のダブルエントリー。
F1グランプリクラスと、新設されたF1グランプリラバークラスです。

F1グランプリラバークラスは朝一の路面から快調に走ります。グリップ剤も使いませんでしたが、13秒に入るほどのグリップを見せ4分トータルでも好タイムでTQ!
決勝は中京から参戦の木下選手と最終周までもつれますが、中ストレートで縁石ジャンプしてスピン!して万事休す。

新しくなったZENサーキットの路面はラバータイヤとの相性が非常に良く、旧ZENサーキットのレースで使ったYRF用のヨコモタイヤ(フロントM、リヤS)で全く問題ありませんでした。
その他はシミズのF1M+R1Sの組み合わせか、ライドのGR−X+GRの組み合わせで楽しく&快適に走れますので、おすすめしたいタイヤです。

F1グランプリクラスも好調を維持してこちらもTQ!
シメシメな展開でしたが、決勝は単独での縁石ヒットでステアリングがロックし、修復で1分近くロス。
この時点で完全に脱落です。
優勝はチームFutabaの森田選手。予選は手こずったようですが、決勝になると必ず合わせてきます。さすがですね。
2位は山田選手、3位は栗山選手でした。おめでとうございます!

4月の袖スタ以来、久々のレースで楽しかった。
新ZENサーキットでのシリーズ戦も期待大ですね。
予定では来年から始まるようですよ。
F1も一段落したし、ツーリングもやらなきゃな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1RCGP 2017@ZEN RCサーキット ダラダラダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる