アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ツーリングカー」のブログ記事

みんなの「ツーリングカー」ブログ


ツーリングテスト

2017/11/09 00:31
今週末のイベントに向けて仕込みがほぼ完了しました。
久々に引っ張り出したマシンもありますので走らせるのが楽しみですが、土曜日の天気が微妙です。
午後の数時間だけで良いから降らないでほしい!


先週末は久しぶりにBD8をZENサーキットで走らせてきました。
いつぶりだろ?40のタイヤで走らせたのが最後だからなぁ。
最初の1パック目はツーリングの動きに戸惑いヘロヘロでした。

慣熟走行を終えて“今日は何をイジってやろうか?“と考えていましたが…
画像

この日は11月なのにTシャツ1枚の熱い漢!AXON遠藤氏が走らせに来ており、『インナー試してみて下さい』と!
ちょうど試したいと思っていたので渡りに船で快諾。
併せて話題沸騰?のモンテック製Racerボディもタイヤと共にお借りしました。

まずはインナー。
AXONはタイヤとの隙間が小さめになるようです。ZENサーキットではあまりプカプカだとグリップがイマイチになる傾向になりますので、これは期待できそうです。
イエローのソフトとブラックのミディアムをRush36の組み合わせとし、グリップ剤はマイティー黄でテスト開始。

まずはミディアムから試しましたが、予想通りワタクシ好み。硬め&張り気味のタイヤとなり軽快に走ります。
場合によってはピンポイントになるかもしれないので、そんな時はソフトにしておけば安定かつもう一曲がりが期待できますから、まずはソフトを基準とすることで、どのような条件でも良く走ると思います。
個人的には黒ミディアムが気に入ったので、これからはこれをメインに使おうかと思っています。

路面コンディションにより
AXON イエロー(ソフト) or ブラック(ミディアム)
Rush レッド(ソフト) or グリーン(ミディアム)
で使い分ければ良いかと。
さらに安定方向としたければRushプリマウント用のイエローが良いと思います。

お次はボディ。
Racerはアンダー傾向で高速コース向きでは?と思っていましたが、遠藤氏曰くZENではLTCの100倍良い!と。
ホンマかいな?と試しますが確かに良く曲がるな〜。低速と高速で動き方が少し違うのが気になりましたが、こりゃビックリ。

でもねぇ、如何せんカッコが…。フロント周りとグリルは何とかならんのか?
しかしブラッキーさんは“Racerカッコいいです!“とか言っちゃってるし、好みなのかな。
そのうち見慣れるんじゃない?なんて意見もありますが、こちらはとりあえず様子見で。
でもこの日のベストタイムはこのボディだったんだよな…。

その他Oリングやケミカルの使い方、BD8のセット方向等々、色々聞くことができ良いテストになりました。
情報ほしい方は聞いてください。そのまま受け売りでお答えしますw
記事へトラックバック / コメント


サスマウントブッシュ交換

2017/09/03 22:33
この週末は良い天気でラジコンするには最高だったでしょうね。
ワタクシは今週お休みしましたが、どこか走りに行きたかったなぁ。
来週はZENサーキットか?ミニッツか?悩ましいところです。

さて、BD8からサスマウントの形式が変わってブッシュ入れ換え式でトー角、全幅等を変えることなりました。
画像
ヨコモのHPでは“ブッシュ入れ換えにより素早くセット変更ができます“なんてありますが、実際のところはサスマウントからブッシュを抜き取るのに超絶苦労しますので、どう考えてもBD7のサスマウント交換式の方が効率的。

サスマウントが曲がるんじゃないか?と心配するくらい、2ミリレンチでガンガン叩いて何とか取れる感じなんですよ。
ブッシュを指で外すことは、はっきり言って不可能だと思う…自分のだけかなぁ?
(XーRAYなんかは指で簡単に脱着できるようですが)

せっかく入れ換え式になったことだし、またサスマウントをジャラジャラと持つのもなんだかなぁ…と言うことでDIYで抜き取り用治具を作ってみました。

画像
ジャンクパーツから適当に部品を寄せ集めて。
汎用工具のプーラーからヒントを得てます。(つーか、そのままか!)

画像
サスマウントをこんな感じに固定して…

画像
中央のビスを締め込んでいくとヌルッとブッシュが出てきますので楽チンです。

なかなか良いモノできた!なんて思ってますが、結局手間も時間も掛かるので自己満ですね。

もし皆さんも同じ状況なようであれば…ヨコモさん!大至急改善を!!
記事へトラックバック 0 / コメント 2


PCSいい感じ

2017/08/23 21:13
すでに40Tプーリーのコンバも登場して日々アップデートが進んでいるBD8ですが、まずはPCSを付けてみました。
サーボからリヤバルクまでのピッチング方向の強化とモーターマウント形状も変わっています。
画像

手で捩じったシャシロール感も明らかに変わりますね。
ロール中心が車の真ん中に来た感じ。

走った感じもカチッと感が出て、これまで以上に思い通りにラインが狙えるようになったかな?
ストレートからのフルブレーキでもベルト飛びすることもなく良い感じ。
かといって神経質になることもなく悪いポイントは今のところ見つかりません。
やはり評判通りのOPTですね。アスファルト路面でも好感触だと思います。

そして、PCSと同時にちょこっとイジってみました。
画像

バッテリーガイドの樹脂パーツを少しカットして…
画像

画像

バッテリーを斜め搭載してみました。(控えめですが…)
バッテリー前側を内側に約5mm内側に入れ込み、リヤ側はバッテリーホルダの最外位置で固定しています。
 前側 : 重量物をマス中心に移動させる
 後側 : モーターの張り出し量とバランスさせる
これは無限の新ツーリングカーのまんまパクリですが、理にかなっているなと思いまして。
見た目はなんですが…初代MR−4TCもこんな感じでしたね。もっと斜めってたか。
こちらは特に変化は感じませんでしたが(悪影響もないと思う)、こう言う細かいところの積み重ねが大事ですからね。
記事へトラックバック / コメント


カーペット手強い

2017/01/18 22:50
ホントにやるの?と噂も出ていた谷田部ラウンドのF1RCGPですが、2月のラウンドレースと同時開催で今年も例年通り行われます。良かった、良かった。
今回は、チームZENとZEN RCサーキットの2チームで出場となりますが、都合によりカラーリングはほぼ同じ!
4台で同じようなカラーでの出走となりますから、伝説のエアラジコンが見られるかもしれません。
1コーナーで何かあったら…見ものですよw

あわせてラウンドのツーリング13.5Tにもエントリーしておきましたので、ツーリングとF1で谷田部に走りに行っています。
が!やはりカーペット路面は難しいですね。
特にツーリングは初めてのカーペットですから悪戦苦闘中です。
屋外アスファルトでは快走したBD8ですが、全体的にちょっと剛性が足りない感じ。
フロントもリヤもグニャグニャ動く感じを抑えるため、フロントにはアルミのベルクランクブリッジを投入。
リヤにはこれまで使っていたボンバー製のクランクブリッジを追加してみました。
画像

リヤサスブロックの前側にベルクランクと同じピッチの穴が開いていますので、そのままボルトオンで装着可能です。
この変更で多少剛性が上がりますが、走りは劇的には変わらないorz
アルミシャシを使ってみたいけど高いからなぁ…まっ、いいか!楽しめればOK!このままで行きます。

そして肝心なF1。
ツーリングに手が掛かり、まだ数パックのみ。セッティングも手付かずですが、こちらも難しい〜!
やっぱりZACタイヤは前勝ち傾向となりますね。

しかも現在のレイアウトは手前ストレート区間が曲者。
最終シケインから第1ヘアピンまでラインは1本しかない!
しかも、ミスるとスピードが乗っていますから被害は甚大です。

ワタクシめも洗礼を受けました。
画像

全開で駆け抜ける高速の1コーナーでイン側パイロンに引っ掛け、そのまま外周壁にズド〜ン!

フロントサスアーム真っ二つ、アクスルベアリング粉砕(セラミックだったのに!)、クーリングファン木っ端微塵!
これだけイッちゃってるからなぁ〜、モーターマウントやシャシーのチェックが怖い。

ここの高速コーナーはアウト側のラインも要注意です。アウト側はグリップが無いので、アンダーからそのままガシャーン!も痛い。。。
(最終シケインパイロンからの大ジャンプでコース端っこまでゴロゴロ〜ガシャーン!なんてパターンもあります・・・)

こりゃ真剣にやらないと大変だ!
BD8は封印してF1メインでセッティングします。
とりあえず、気持ち良く走りたいよ〜!
記事へトラックバック 0 / コメント 2


週末は雨降らないよね?

2016/10/19 22:03
今週末はF1RCGP Chiba2@ZENサーキットが開催されます。
去年は天気に泣かされましたが、今年は
画像

降水確率が気になりますが、まあ大丈夫でしょう。
なんて言っていると去年のように、どんどん悪化してきたりしますから、当日朝まで気が抜けないですよ。
滋賀からの刺客もエントリーしているようですしね!(雨雲を連れてこないことを祈る)
とりあえずレイン対策も打っておきましょう。

まだエントリーも受け付けていますので“出てみようかな”という方は こちら から。
(ワンコインで参加可能なフレッシュマンクラスもありますのでお気軽にどうぞ。現時点で4〜5人のエントリーが見込まれているようです)
全クラスBメイン以上集まると良いのですが…

事前練習も熱を帯びてきました。
グリップ剤の塗布が無いF1ばかりが走っていますので、路面グリップはちょっと落ちてきたかな。
とは言え、巻いたりしないので適度なグリップで快適に走れます。

シリーズ戦セットに対して全体的に柔らか目の方向となっていますが、特殊なセッティングはしなくても大丈夫です。
こちらは、フロントスプリングZENミディアム、トレール3.0mmにキャンバースペーサ2mmの組み合わせ。
リヤ周りはロールダンパーZEN5〜7.5万、ピッチングは3穴#350にZENタイプ1ミディアムとして、サイドスプリングはキット標準セット。
サイドバーは後側の上下に1mmのOリングです。(←今やこれが標準セットですね)
タイヤは新品のままで走る予定。

今の所、F1グランプリクラスで17秒前半、F1クラスで18秒前半で走れるようであれば、かなり良い感じじゃないでしょうか?
(スケールは何とも言えないですが18秒中盤〜後半かな?)

前夜の土曜日には親睦会もあるようです。(ワタクシは通いなので断念)
こちらには相当濃い〜面々がエントリーしていますので、面白い話が色々聞けると思いますよ。

画像

↑“変態車”と言われる2大巨頭
ZENサーキットでも走っています。サーパント4XとオーソマティックスA700&A800。
(サーパントは実物でサスペンションを動かさないと構造の理解ができませんでした)
両車とも独創的で本当に面白い!しかもどちらも良く走るんだな!
記事へトラックバック / コメント


メンテは終わったけど

2016/08/19 02:45
週末のレースに向けメンテを済ませておきました。
(夏休みやることないのか??)

F1は久々に↓のボディーで。
画像
















マクラーレンMP4/9
メジャーどころですが、やっぱりカッコいい!と思います。
サーキットでよく見るのはMP4/5〜7が多いですが、ニッチなところで。
(そのうちMP4/11を作ってやろうかと画策中。ベースボディーがねぇ・・・)
ボディーはニッコー製となりますが、バージボードは自作で付けていますので、ちょっと重い。
いつものJ191に対して15gほど重くなりますので、走りへの影響もあるかと思いましたが、少しモッサリする程度で問題なし(と思いたい)。

ツーリングも全バラまでやって万全です。
モーターはブースト・ターボでブン回しますので走行毎にメンテ。
画像
















ブラシモーター時代のからのクセでバラバラにしないと気が済みません。
と、言ってもクリーニングと注油くらいしかできないんですけどね。
みなさん、どうしてんだろ?

マシンの方も消耗品の交換もなく順調でしたが、”んんっ?アッパーデッキ反り返ってね?”と確認していたところ、メリっと真っ二つ
こんなところに大きなストレス掛かるんですね。(おそらく場外ホームランクラッシュの時だな…)
画像
















他の部品にダメージがなかったのが救いでした。
アッパーデッキは標準じゃ面白くないので、ハイトラクションにしておきました。
部品到着待ちですが、早めにメンテしておいて良かった!



↑still waiting (SUM41)
キャッチーな疾走感がかっこいいぞ!
記事へトラックバック 0 / コメント 4


BDバージョンアップ その2

2016/08/12 23:16
明日からお盆休みに入ります。
特にこれといったイベントはありません。・・・ラジコンやるぞ〜!

と言うことで、来週末のZENサーキット月例レースに向けBD7をちょこっとアップデート。

画像
















↑ボンバーリヤダンパーステー
ショック取り付け位置が2mm上がります。
右の標準ステーだと1G状態でかなりストロークした位置になりますが、取付位置が2mm上がったことによりピストン位置が下がりますので、初期のしなやかさとシリンダー長を有効に使えるので奥の踏ん張りが期待できます。
実際に走らせても安定感が増したことがバッチリ感じ取れました。これはいいね!
ボディーポストの位置も変わりますが、これはボディーピン位置を1穴下げれば対応できるようになっています。

画像
















↑自作ステアリングストッパー
パーツ箱から外径9mmのスペーサを発見。ボンバーのクランクサポートの上に挟んだだけ!
オプションも出ていますがこれで十分かと。

その他、
・スプリングをAXONのレッドに変更(滑らかな動きに。もっと早く試せばよかった!)
・アッパーデッキの固定方法を変更
・リヤトー変更(RADTECの46.0で約2.7度)
で、やっと自分の好みの動きにたどり着きつつあります。
(やっぱりリヤがどっした“オールドスタイル”じゃないと自分の場合はダメみたいです)
巻き神様もお帰りになったようですし、来週は楽しみだ!

画像
















↑コース整備中の橋本さん
毎週木曜日の営業終了後に路面維持のため、“コンディショナー”を散布しています。
最近の良い路面コンディションはこれも一因ですね。

記事へトラックバック / コメント


8年前のボディを超えられないのか!?

2016/07/12 22:30
いよいよ夏本番です。
暑いのは苦手なので夏ラジは厳しいですが、月例レースに向け頑張ってZENサーキットに行ってきました。
(扇風機x2、クーラBOX持参で万全!)

今回はBD7のベースセットを探りに。(まだかい!)

シャシ剛性、ダンパーセットを中心に今回もいじくり回しましたが、全体的に柔らかい傾向とした方が走りやすいですね。
アッパーデッキ取付ビスは前後で4本のみとして、バルクのXブレースを前後とも取り外しました。これだけでかなり“やわやわ”な感じ。
これにSMJブルースプリング&4穴#400のダンパーを組合せ。(取付位置は最内にレイダウン)
とりあえずこれで気持ちよく走れるようになりました。
が!まだまだイジる所が沢山あるな…。
ここがツーリングの楽しい所なんでしょうけど、個人的にはDDのシンプルセットの方が好みです。

それとボディ違いもテスト。
LTC−RとLTC−R2.0をとっかえひっかえ試しましたが、どうひいき目に見ても旧型のLTC−Rの方が好感触。
2.0はZENサーキットでは動きすぎる感じです。ステアリング初期が敏感過ぎなんですよね。(かと言って曲がる訳ではない)
タイトターンや細かい切り返しが多いサーキットの方が合っているかもしれません。
画像
















と言うことで、ボロボロになったボディーの代替えでLTC−Rを新たにご購入。(新金型にしたけど大丈夫か?また同じことにならなきゃ良いけど)
014とBDのフルメンテもあるし週末までに間に合うのか!?

画像
















↑ZENサーキットのシックスホイラーズ
O野さんと櫻#さんのマシン(全然伏字になっていない!)
2台ランデブーで走る姿は、それはそれはカッコ良かったです。
記事へトラックバック 0 / コメント 2


LTC−R 2.0

2016/05/14 16:54
明日はZENサーキットシリーズ戦の第2戦です。
天気も最高でレース日和になりそうですね。

BD7はまだ10パックも走っていませんが、レースには当然出ちゃいます。
新車でのレースですから、ヘタったLTC−Rも恥ずかしいので塗り直しました。
ボディーは話題沸騰(もうそんなでもないか…)のプロトフォームLTC−R2.0です。

画像
















装いも新たにZENカラーです。

画像
















大人な感じですかね?
(最近、赤・白・黒の組み合わせって流行ってんの?)

画像














↑フロントマスク
標準はLEXASっぽい馬鹿でかいグリルですが、イマイチ気に食わないのでハサミでチョキチョキ。
別体グリル風にしてみましたが、どうでしょ?なかなか決まったと思いますが。

画像
















2.0になって一番大きな変更点がライト周りの形状。
ライトが後退しエッジが強くなっています。

画像
















ライト周りだけでなく、各パートもエッジにメリハリが出ていて、横からみてもこれは見て取れますね。
LTC−Rはグリルからボンネットにかけて緩やかに変化していますが、2.0は急激に立ち上がっていきます。
これはプロトフォームHPの説明にもダウンフォースと回頭性向上を意図したとありますので、モロに効いてきそうな変更ですね。

しかーし!!
ZENサーキットでの評判は”う〜ん。。。なんか今ひとつ…”的なインプレが多いようです。
どうもフロントのダウンフォースが強すぎでハンドリングが初期と後半で一定にならないのだとか!

明日はいきなりのぶっつけ投入なので心配ですが、鈍感なのでたぶん気付きませんから大丈夫でしょう
記事へトラックバック 0 / コメント 4


2016シェイクダウン

2016/05/02 14:23
久々のド新車、BD7 2016できたーーー!
画像














メカはBD5と配置含めまったく同じとしたので、搭載に悩むこともなくすんなり完成しています。
真っ黒でカッコいいぞ!(サンワのコードの色は何とかしたい)
ターンバックルもキット標準を使っていますが、これ鉄+ブラック塗装なんですね。
レンチでの調整で塗装が剥げて既に汚らしい…。
仕方ない、これはチタンに換えるか。(黒チタンてできないのかしら?)

最近のハイエンドマシンに”いじるポイント”はほとんどないですが、ほんのちょっと手を入れておきました。
画像
















↑ベルトテンショナー
説明書では”使用しません”と指示のある樹脂製マウントですが、840ベアリングとφ4カラーを使って自作。
ベルトテンショナーと言っていますが、テンション調整する訳ではありませんから、ベルトの”振れ止め”ですね。
静止時にベルトとベアリングの隙間は1mm弱となり、機能は完全に果たしています。
樹脂+ベアリング1個仕様となるので、ほんの少し軽量にもなると思う。(何よりOptのアルミは高いよ…)

画像
















↑30mmファン
ZENのZFC−012用のファンステーで固定。
シャシ側にはアルミスペーサを入れてロールを妨げないようにしてあります。
ZEN製のカーボン調ポリカ板(これって売り物になっていたっけ??)で、導風板もササッと作成しておきました。

画像
















↑リヤ側ボディーマウント
ここは15年前から形も構造も変化ないですね。
STDは1本止めですが、ダンパーステーの穴と凸ポッチのガタが大きく左右に動いてしまうとことと、ここのネジは意外にダメージを受けるので、凸ポッチを削り落としφ2.5で穴をあけてビス止め。
左右のガタは皆無、2本止めになりガッチリ固定できます。
(これはだーやまさんに教えてもらいました)

んで、早速シェイクダウンにZENサーキットに行ってきましたが…今のところBD5とあまり変わらず
BD5はZENサーキットスペシャルで色々やっていますからね。
それと同等と言うことで素性の良さは体感できています。ここからまた自分好みに味付けしていきたい。
(とりあえずアルミのベルクランク買ってこよう)

それでも、コーナー進入の鋭さや縁石(パイロン)に乗ってしまったときの安定感は”お〜!”と言えるものがありますね。
しばらくはコイツに付きっ切りになりそうです。

が、F1もやっていますよ!
まだ紹介はできませんが、再来週のシリーズ戦には、ZEN新構想の完全プロトタイプニューマシンで参戦します
記事へトラックバック 0 / コメント 3


タイトル 日 時
今度こそ!ZENサーキット8時間耐久レース
今度こそ!ZENサーキット8時間耐久レース 明日からGWに突入です。 今年は長期連休となる方も多いのでは? 陽気も良いですし、RCやるには最高の季節ですね! (せめて2,3日でもラジできれば良いんだけど) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/28 22:01
4分間耐久レース…
4分間耐久レース… 日曜日はZENサーキットでツーリングの耐久レースが開催されました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/20 22:34
BD5プチバージョンアップ
BD5プチバージョンアップ ようやく暖かくなってきましたが、花粉は増える一方できついです。 しかも先週はひどく冷え込んだにもかかわらず、一日ZENサーキットにいましたから風邪も併発しダブルパンチ。 グシュグシュでつらい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/18 22:44
BD5アップデート
BD5アップデート 一日走らせただけですが、またもやバラバラに。 すべてのトークンを使い切ってのアップデート中です。 これだダメだったら…どうしましょ? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/17 23:10
BD5シェイクダウン!
BD5シェイクダウン! 雨の合間を見てBD5のシェイクダウンにZENサーキットに行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/08 23:59

トップへ | みんなの「ツーリングカー」ブログ

ダラダラダイアリー ツーリングカーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる