ダラダラダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS F1RCGP 2016 Round11 Chiba2 @ ZENサーキット

<<   作成日時 : 2016/10/26 12:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奇跡的に天気の心配がないF1RCGPがZENサーキットで開催されました。
現在のZENサーキットで行われる最後のF1RCGPとなる関係からか、サーキットしての過去最高エントリーとなり大変盛り上がりました。

画像

↑F1RCGPより拝借。
エントリー数で40人オーバー、メカニックや応援の方も合わせると大変な人数になっていました。
遠方からのエントリーも多くあり感謝、感謝ですね。(今回の最遠方は九州から!)
いつもこのくらいのエントリーが集まると良いのですけどね〜。
ZENサーキット地元勢もいつもと違う雰囲気で楽しめたと思います。

まずは、コンデレから。
F1RCGPの傾向(というかオーガナイザーの好み!)として外せないのはスケール感ですね。
これは皆さん知っていますので今回も力作揃いでしたが、その中から森川選手のウイリアムズFW14(15?)が選出されました。

画像

今回のために作った出来たてホヤホヤ。(ミラーまで付いてる!)

画像

シールドもちゃんと開閉します。なんとなくマンセルの顔に見えるとか見えないとか。
サベルト4点も布製?で完璧。
森川選手は元々モデラーとのことで、お手の物ですかね?

さて、ワタクシのレースの方はチームZENから山田選手とグランプリクラスにエントリー。
エントリー数は17名と今年一番の多さかな?
しかも、全日本Aメイン経験者が半数以上を占めるという過酷な戦いとなります。

それでも予選は予想に反し(?)、チームZEN同士でのTQ争いとなりました。
1回目は0.5秒差、2回目は0.2秒差、そして3回目も0.1秒差のしびれる展開となりましたが、トータルでは0.02秒差というあって無いような差でワタクシが逆転TQ!
2位に山田選手、3位にZENサーキット期待のホープ、飯塚選手となり最高の予選結果になりました。
しかし4位以下も秒内にひしめき合う混戦となっていますので、決勝は“1ミスでアウト”な感じです。

胃が痛くなりつつ迎えた決勝。
自分のペースで走れるTQからスタートダッシュに成功!
2周目には2位以下で多重クラッシュもあり、序盤から大きくマージンを築くことができました。
その後も手を緩めることなく全力で走り優勝することができました〜。
2位に小池選手、3位にF1初挑戦(!)の柳澤選手となりモロテック勢が一矢報いた感じでしょうか。



↑F1グランプリクラス決勝動画
(残念ながらフレッシュマンは撮影できなかったようですが、その他のクラスもありますよ)

フレッシュマンクラス、F1クラス、F1スケールもZENサーキット地元勢が優勝しました。
マシンはZEN製が全クラス制覇!(シェアもNo.1だったかな)
しかしながら地元の利は確実にあったようですね。
レイアウト的に“走り込みライン”が存在しているのかもしれません。

さて、ZENサーキット閉店まで残りは2週間。
最終日の11/6(日)はシリーズ戦最終戦となります。
華々しく最期を迎えたいものです。
エントリーも開始となっていますから、お誘い合わせの上、是非エントリーを検討してみてくださいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
F1RCGP 2016 Round11 Chiba2 @ ZENサーキット ダラダラダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる