アクセスカウンタ

<<  2018年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ボ〜っとラジコンやってんじゃね〜よ!(チコちゃん風)

2018/08/30 23:04
“逆接”
嫌な響きですね。
RCではネガティブな言葉のかなり上位に来ると思います。良いことは何もない。
リポバッテリーになり、ユーザーが+/−のコネクタをダイレクトにバッテリー接続するようになった頃から、より頻繁に聞かれるようになったと思います。
自分でも日ごろから注意して接続していますが。。。
画像

またやっちまいました。
バチッ!っと一瞬の逆接だったので大丈夫かな?とコネクタを入れ直して電源を入れたところ、アンプからモクモクモク〜〜と白煙が!
やべー!!と慌てる間もなく、今回はF1のアンプが完全にご臨終。
かれこれF1で2回・ツーリングで2回の計4回目。
懲りないよな〜。注意しているはずが、全然できてない!何も考えてない!!

今回は白煙程度で済みましたが(それでも異臭がすごかった。周りの方々にはご迷惑お掛けしました)、下手すればそのまま発火しますからね、非常に危険です。
アンプからの電源コードは+/−で物理的に届かないような長さにしていますが、今回はバッテリーが裏表リバーシブルなことを忘れていました。

完全に自分のうっかりミスを棚に上げて言うのも勘違い甚だしいですけど。。。
フェールセーフ的なデバイスを入れ込んでほしい!
せめてバッテリーの+/−の位置は、業界内で統一してほしい!
大参事となる可能性もあるわけですから、“機能安全”については、原子力だろうとRCだろうと同じように考えても良いと思いますけどねぇ。

充電器には逆接防止機能が大体入っていますから、バッテリー側は難しかもしれないけど、アンプ側では簡単にできそうなもんだけど…。
素人考えですかね?

あ、それから、バチッ!となった後、普通に動いている場合でも、アンプ内で必ずどこかが壊れていると思いますので、交換をお勧めします。
ワタクシの場合は、バチッ!とやっても動いているアンプの場合、Funモデルに載せて余生を過ごしてもらっています。
記事へトラックバック 0 / コメント 4


ZEN RCサーキット シリーズ第4戦

2018/08/23 22:12
お盆休み最終日と言うこともあり少し気が重い感じでしたが、先週の日曜日はZENサーキットのシリーズ戦に参戦してきました。
夏休みで帰省や行楽地に行かれている方が多かったせいか、エントラントはちょっと少な目だったかな。(休み疲れの方もいたかも?)
それでも各クラスみなさんの熱い走りが展開されました。

こちらはツーリング17.5TとF1のダブルエントリーでしたが、ツーリングは久々だし、F1も全く余裕なく、全力投球での参戦です。

<ツーリング>
朝一の練習でPGSサーボのプログラム変更の効果を確認しました。
サンワHPにあるツーリングのおすすめセットでしたが、反応が良すぎでピクピクになってしまい、自分には全く合わず焦りました。
とりあえず、ストレッチャーとブーストの値を80まで下げて対応しましたが、今後も詰めていかないとダメかも。
予選はRush40S+AXONイエロー決め打ちで臨み、予選1回目は25周10秒で暫定TQ。2ヒート目と言うこともあり路面も安定していたから最初から快調に走れました。
2回目は気合を入れ直し向かいましたが、気負い過ぎてスタート直後にストレート縁石乗り上げからの大転倒!で、いきなり終了。。。(壊れなくてよかった)
更新はなりませんでしたが、1回目のタイムで久々のTQ確定。
決勝はTQスタートの利で自分のペースで周回できます。が、carr選手にぴたりと背後につけられ嫌な展開で冷や汗ものでしたが、そのまま0.3秒差で逃げ切り、こちらも久々の優勝!
2位carr選手、3位わかたく選手となりました。

<F1>
今回は本気ボディーのJ191を引っ張り出しました。やっぱりこのボディーは良く曲がるし安定しますね。
ここ最近路面も安定しているので、タイヤ径はFr51、Rr52の小さ目で予選を迎えます。
セットはフロントのスプリングのみ予選1回目ZEN・M、2回目と決勝は、路面が上がるのでモロテック・MSで対応し、ステアリングを調整しました。
その他は変更せずに走り切り、こちらもTQ&優勝!でしたが、決勝2回目はヤバかった。山田選手がミスらなければ負けていたと思います…。
2位山田選手、3位望選手となりました。

画像

久々に朝からアドレナリン出まくりのレースで1stの盾が二つ。いやー、嬉しいですな〜!
抽選会ではAXONインナーもらえたし、優勝賞品のでっかい梨も頂いて良い一日となりました。(ふなっしーでお馴染みの千葉県産の梨は、ZENサーキット周辺が一大産地です。おいしかった!)

次戦は17.5Tツーリングは出るとして、もう一つをどうしようか考え中。
Mが気になるなぁ…

記事へトラックバック / コメント


プロトフォーム ModelーS?

2018/08/18 00:15
週末の日曜日はZENサーキットのシリーズ戦です。
天気も良さそうですし、何より気温がそれほど上がらないようなのが嬉しい。
それはそれでツーリングのタイヤ選択が難しくなりそうなのが気がかりですが。

夏休みでタップリ時間もありますので、F1もツーリングも完バラメンテで準備万端です。
画像

今回の新アイテムはF1がSP4アンプとツーリングのPGSーLHサーボ。
どちらもぶっつけ投入ですが大丈夫でしょう。(サーボがちょっと心配)
あとは気合いが空回りしないことを祈るばかりです。鼻息荒い場合は何かしでかすことが多いので…。

さて、先日車で走っていると、対向車線から見覚えのある車が。
あっ!これはブサイクファニーなフロントマスクのプロトフォームのタイプSじゃないか!!
と言う話をZENサーキットでしたところ、“それはテスラのモデルSだよ“とのこと。
早速調べてみたら…
画像

そうそう、コレコレ!
タイプSはモチーフがあったんですね。実車はカッコいいね!

タイプSが登場したときは“何でこんなデザインにしたんだ“と思っていましたが、これで納得。
画像

なので、今回のボディーは純正マスク仕様で。
最近はすっかり見慣れてしまい、逆に格好良く見えてきました。
なんだかなぁ
記事へトラックバック 0 / コメント 2


ローターテスト

2018/08/10 21:26
明日から夏休みです。
特に行くところはありませんが、リフレッシュできればと思います。
それにしても暑いからなぁ。渋滞もひどいし・・・結局ラジコンになる予感

来週末(8/19)はZENサーキットシリーズ戦です。
F1はZFC対6輪の様相になりそうですし、17.5Tツーリングは4ヶ月ぶりの参戦ですから気合十分。(珍しくタイヤ(Rush40)を2セット用意)
事前テストもいい感じで進んでいます。
ただ、ツーリングはタイムはもう少し詰めたい感じのため、先週もテストしてきました。
メニューはモーターのローター比較。
画像

とりおんのV2を使っていますが、ローターは標準仕様(12.1x7.0)でこれまで走ってきました。
ZENサーキットは低速〜中速メインですから、トルク型はどうなんだろう?ということで12.0x5(チタン)のトルク型を試してみました。(ギヤ比は6.2、進角は35)
結果としてはありですね。低速から高速域まで気持ち良いトルク感で吹けて高速の伸びも十分(Maxで37,000rpmほど)でタイムも遜色ないです。
一発タイムはこちらの方が出るでしょう。(ただ、最近のレースではベストラップ方式はほとんどないけど。スピキンくらいかな?)
これは使える!と思いましたが、走行後の温度がモーター表面で90度まで上がってしまい、走っていても熱ダレ感が強い。
ギヤ比を6.5まで下げてみましたが、ますます温度が上がってしまったので上げ方向だったかも。
今回は時間もないので標準で行きます。

ギヤ比っていろいろ言い方があっていつも混乱します。オレだけかなぁ。

・ローギヤ 減速比が大きい(例7.5(モーター):1(アクスル)) ⇒加速重視
・ハイギヤ 減速比が小さい(例3:1) ⇒ 最高速重視

下げる ⇒ ローギヤ(にする)
上げる ⇒ ハイギヤ(にする)

低い ⇒ ローギヤ
高い ⇒ ハイギヤ

大きい ⇒ ローギヤ
小さい ⇒ ハイギヤ

ショート ⇒ ローギヤ
ロング ⇒ ハイギヤ

深い ⇒ ローギヤ
浅い ⇒ ハイギヤ

等々。。。
“深い・浅い”という言い方は自動車業界特有かもしれません。(ウチの会社ではこれが一般的)
個人的には“ショート・ロング”が直感的でわかりやすいので良く使います。
記事へトラックバック / コメント


<<  2018年8月のブログ記事  >> 

トップへ

ダラダラダイアリー 2018年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる