ダラダラダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS スポンジタイヤのグリップ剤劣化?!

<<   作成日時 : 2019/01/20 21:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

昨日もZENサーキット行ってきました。
ここのところ集中して走らせているBD9は順調にセットアップが進んでいます。
と言うか、ノーマルセットでの完成度が高いため、大きくいじったり、変更したりする必要はないですね。
ここまでのポイントは車幅とアッパーアーム角度の変更。
BD9は車幅が広いので、どちらかと言うとテクニカルなZENサーキットでは、前後とも2〜3ミリ詰める方向が良いようです。(フロントの3.5mmハブがすごく良かった!ヨコモのセットアップシートには選択欄も出てこないみたいだけど推奨外なのかな?)
アッパーアームは内側を下げてより攻めの方向とすることで、かなり良い感じになりました。
あとは好みかな〜。
まだロールセンター変更等の″大物″の確認が残っていますが、たぶんノーマルセットで大丈夫だと思う。

で、落ち着いたところで、昨年の最終戦でグリグリ&マキマキで大苦戦したF1の確認。
昨日は最終戦ほどグリップは上がりませんでしたが、それでもやっぱりグッキグキでひどい状態!
特にストレートエンドとダブルヘアピン入り口は操縦不能になるくらい、フロントを軸にグイグイ入ってしまいます。
困った!車がどこか壊れているのか?と思いましたが、橋本さんから″タイヤじゃね?″と確認してもらったところ、タイヤがパフパフになっている??
新し目でグリップ剤をあまり使ってないようなタイヤでやってみたら?ということで、径を含めてほぼ新品状態なタイヤで走ってみたところ・・・なんだよ!フツーに走るじゃん!!

どうやら使っていたタイヤは、グリップ剤が浸透しすぎ?でスポンジがスカスカになってしまうようです。
今の路面はスポンジの磨耗があまり進まないので、同じタイヤで相当長い期間使えてしまいますが、知らぬ間にパフパフと言うかグニグニと柔らかくなる感じです。
こうなるとタイヤ硬度を落としたような感じになる→どんどん前勝ちが進んでしまう→結果マキマキ!の悪循環。

う〜ん、見た目じゃわからないんだよな。
橋本プロのように手感でわかるようになれば良いのですが、こんな経験初めてなんでノウハウゼロ!
…んん?!前に買ってから使っていない硬度計があったぞ!と言うことで、早速計測。
画像
↑昨日買ったハイラバー。約30。
安物の硬度計なので数値は無視してください…。

画像
↑昨日使っていたグリグリタイヤ
やっぱり!!
なんとスーパーソフトやオメガと同じレベルの約20!!
そりゃ、運転しんどいはずだわ

これまでは、こんな状態になればタイヤ径だけ落としたのみだったけど、それじゃダメですね。
硬度と併せてタイヤの鮮度も考慮しないと。
当然、硬度計は工具BOXに常駐させることにしました。。。

タイヤ径をどんどん小さくしているのに前勝ち症状が直らない場合は、チェックしてみることを激しくオススメします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポンジタイヤのグリップ剤劣化?! ダラダラダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる