ダラダラダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016シェイクダウン

<<   作成日時 : 2016/05/02 14:23   >>

トラックバック 0 / コメント 3

久々のド新車、BD7 2016できたーーー!
画像














メカはBD5と配置含めまったく同じとしたので、搭載に悩むこともなくすんなり完成しています。
真っ黒でカッコいいぞ!(サンワのコードの色は何とかしたい)
ターンバックルもキット標準を使っていますが、これ鉄+ブラック塗装なんですね。
レンチでの調整で塗装が剥げて既に汚らしい…。
仕方ない、これはチタンに換えるか。(黒チタンてできないのかしら?)

最近のハイエンドマシンに”いじるポイント”はほとんどないですが、ほんのちょっと手を入れておきました。
画像
















↑ベルトテンショナー
説明書では”使用しません”と指示のある樹脂製マウントですが、840ベアリングとφ4カラーを使って自作。
ベルトテンショナーと言っていますが、テンション調整する訳ではありませんから、ベルトの”振れ止め”ですね。
静止時にベルトとベアリングの隙間は1mm弱となり、機能は完全に果たしています。
樹脂+ベアリング1個仕様となるので、ほんの少し軽量にもなると思う。(何よりOptのアルミは高いよ…)

画像
















↑30mmファン
ZENのZFC−012用のファンステーで固定。
シャシ側にはアルミスペーサを入れてロールを妨げないようにしてあります。
ZEN製のカーボン調ポリカ板(これって売り物になっていたっけ??)で、導風板もササッと作成しておきました。

画像
















↑リヤ側ボディーマウント
ここは15年前から形も構造も変化ないですね。
STDは1本止めですが、ダンパーステーの穴と凸ポッチのガタが大きく左右に動いてしまうとことと、ここのネジは意外にダメージを受けるので、凸ポッチを削り落としφ2.5で穴をあけてビス止め。
左右のガタは皆無、2本止めになりガッチリ固定できます。
(これはだーやまさんに教えてもらいました)

んで、早速シェイクダウンにZENサーキットに行ってきましたが…今のところBD5とあまり変わらず
BD5はZENサーキットスペシャルで色々やっていますからね。
それと同等と言うことで素性の良さは体感できています。ここからまた自分好みに味付けしていきたい。
(とりあえずアルミのベルクランク買ってこよう)

それでも、コーナー進入の鋭さや縁石(パイロン)に乗ってしまったときの安定感は”お〜!”と言えるものがありますね。
しばらくはコイツに付きっ切りになりそうです。

が、F1もやっていますよ!
まだ紹介はできませんが、再来週のシリーズ戦には、ZEN新構想の完全プロトタイプニューマシンで参戦します

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
F1もニューマシンですか。
予想もしてなかったので楽しみ〜。

carr
2016/05/02 23:02
あっイヤイヤ 
あくまでフラッグシップはZFC014ですから
その前段階を抑える位置づけですよ
橋本
2016/05/02 23:49
書き方悪かったか!
014の後継ではないですよ。

門戸を広げるユーザーフレンドリーマシンだけど走りだって全然イケる!がコンセプトかな。
ただ
2016/05/03 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016シェイクダウン ダラダラダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる